言語化し構造化する

日々成し遂げたこと、考えたことの整理

reMarkable1の画面をPCに表示する

Pipes and Paperというツールを使えば、reMarkable1で描いた内容をリアルタイムでPCに表示することができます。 ただし、ペンの座標情報が連携されるだけのようです。

つまり、画面そのものが表示されるのではなく、ツールを起動してから記載した内容がPC画面に表示されることになります。 オンラインのミーティングで、その場で描いて説明する場合には活用できそうです。 (あらかじめ記載しておいたものは見せることはできない。)

本来、Connect(有料プラン)に加入していればScreen Shareという機能が使えるのですが、私は加入していないので使えません。何かいい方法がないかと探した結果のメモです。 WIndows10で動作確認済みです。

準備

1. Python3のインストール

以下からダウンロードしてインストールしてください。 www.python.org

2.websocketsのインストール

コマンドラインにて、以下を実行

pip3 install websockets

3. Pipes and Paperのダウンロード

以下からパッケージを丸ごと、zipでダウンロードしてください。 Joe Wass / Pipes and Paper · GitLab

以下のページからパッケージを丸ごと、zipでダウンロードしてください。

ダウンロードしたものを解凍して、適当な場所に置きます。

4. server.pyの修正

テキストエディタで開いて、以下の様に修正します。 SSH 接続先 でSSH接続できるようにconfig設定すれば修正は不要です。 今回は、方法がよくわからなかったので簡単に対応できる方法にしました。

これにて、準備は完了

利用方法

  • PCにreMarkableを接続

  • reMarkableのメニュー→Strage→USB Web Interfaceをオンにする

  • server.pyをダブルクリックで実行→Pythonが起動する。

  • Pythonの画面でパスワードを入力する (reMarkableの設定->Help→About->Copyrights and licensesから確認することができます。ページ下部に記載があります。)

  • http://localhost:6789/Chromeで起動

  • もう一度、Pythonの画面でパスワードを入力する

  • Chromeに戻ってレッツお絵描き

reMarkable1を快適に使うためのメモ

ずっと前から欲しかったreMarkableをついに購入しました。そのままの設定だといろいろ不便なところもあったのですが、少しいじると快適に使えるようになりました。

基本、情報は英語サイトだけなので忘備録として記録します。
Windows10での作業の前提で記載していますが、他の環境でも類似のソフトを使えば可能です。
(2021年12月31日時点の最新ファームウェアVersion2.11.0.442)

 

 

reMakarbleは良いですね。メイン端末にすることに決めました。
評価をすると、以下の様な感じです。

f:id:evaco:20220107122559p:plain

改善できる主なポイント

  • 日本語が使えない:ファイル名、PDFのしおり、EPUBのコンテンツ表示
  • スリープ時の電池持ちが悪い:Wifiオフでも1時間に1%くらい減ってしまう
  • 消しゴムボタンが使えない:いちいちメニューから選択しないといけない。
    (reMarkable2では対応可能。ただし、高い方のペンを買う必要がある。)

 

 

快適に使うための設定の方法

事前準備

0. Booxペンの購入

それ以外にも、SペンなどのWacom feelテクノロジー対応ペンであれば使えます。
2ボタン(サイドボタン+消しゴムボタン)あるものがおススメです。

 

1. ソフトウェアのダウンロードとインストール

WinSCPhttps://ja.osdn.net/projects/winscp/

PuTTYhttps://www.ranvis.com/putty

 
2. reMarkableのファームウェアの最新化

reMarkableの設定->General->Softwareから実施できます。
終了後、Automatic updatesをoffにしておいてください。

 
3.reMarkableの接続パスワードの確認

reMarkableの設定->Help→About->Copyrights and licensesから確認することができます。ページ下部に記載があります。

To do so, this device acts as an USB ethernet device, and you can connect using the SSH protocol using the username 'root' and the password 'XXXXXXXXXX'.

4.reMarkableのUSB接続の設定

reMarkableをPCにUSB接続した状態にした後に以下から設定できます。

reMarkableの設定->Storage->USB web interface

 

設定の実施

1. 日本語フォントのインストール
  • 日本語フォントをダウンロードする。例えば以下のtakaoフォントが使えます。
    https://launchpad.net/takao-fonts
  • 上記のファイルから1つのファイルのみ取り出す。例えばTakaoGothic.ttf
    (インストール先の容量の関係で、複数のフォントをインストールすると、後のパッチのインストールでエラーが出てしまいます。)
  • WinSCPでreMarkableに接続する。
    (接続先10.11.99.1, User: root, Pass: 取得したもの)

    f:id:evaco:20220107111025p:plain

  •  接続先の /usr/share/fonts に移動し、フォルダを作成する。その中にフォントファイルを保存する。(今回は「jpfont」を作成)
    f:id:evaco:20220107111854p:plain
  • reMarkableを再起動する。ファイル名やePubファイルなどが日本語表示されていれば成功です。

 

2. 電源オフ時間の変更(参考:tips:suspendtime [reMarkableWiki])
  • WinSCPでreMarkableに接続する。
  • 以下のファイルを開く
    /home/root/.config/remarkable/xochitl.conf
  • SuspendPowerOffDelayの数値を10に設定する。
  •  reMarkableを再起動する。
    電源ボタンを押す->スリープモードになる->10秒ほど経つと電源オフになる
    という動作がされれば成功です。

初期値は43200000=12時間。0=電源オフなし。それ以外の数値にはいずれも上記の動作となるため、電源オフまでの時間を自由に設定することはできないようです。

 

20220515追記:
uspendPowerOffDelayは10800000(3時間)が基準値の様です。
3時間より少ない数字であれば、スリープ後すぐに電源オフになる。
3時間より多い数字であれば、3時間を引いた時間が経過した後に電源オフになる。
例えば、12600000(3.5時間)で設定した場合、スリープから30分経過した後に電源オフになります。

 

3. 改造パッチの適用1(DDVK)

GitHub - ddvk/remarkable-hacks: additional functionality via binary patching

  • PuTTYでreMarkableに接続する。
  • 以下のコマンドを入力する。
    sh -c "$(wget https://raw.githubusercontent.com/ddvk/remarkable-hacks/master/patch.sh -O-)" 
    
     
  • インストールが完了したらYキーを押します。
    中止する場合は、CTRL-Cを押すと取り消すことができます。
  • TimeZoneの設定を行うため、以下のコマンドを入力します。
    これで、時刻が正常に表示されます。timedatectl set-timezone "Asia/Tokyo"
  • reMarkableを再起動する。メモ画面でZen Mode、Reading Modeを使うことができるようになっていれば成功です。
    (Zen Mode: メモに集中。Reading Mode: 読書に集中)

尚、アンインストールする際には以下のコマンドで行うことができます。
ファームウェアをバージョンアップする際などに必要になります。

sh -c "$(wget https://raw.githubusercontent.com/ddvk/remarkable-hacks/master/patch.sh -O-)" _ purge

 

 

 

 

 

4. 改造パッチの適用2(QT plugin for lamy pen)

GitHub - ddvk/remarkable-stylus: hack to get the button of a lamy pen working

  • PuTTYでreMarkableに接続する。
  • 以下のコマンドを入力する。
    sh -c "$(wget https://raw.githubusercontent.com/ddvk/remarkable-stylus/master/patch.sh -O-)" 
    
  •  reMarkableを再起動する。
    メモをしている際に、消しゴムやサイドボタンが動作すれば成功です。

尚、アンインストールする際には以下のコマンドで行うことができます。
ファームウェアをバージョンアップする際などに必要になります。

sh -c "$(wget https://raw.githubusercontent.com/ddvk/remarkable-stylus/master/remove.sh -O-)" 
 

 

 


自炊のPDFを圧縮する設定

自炊した書籍の解像度を変えずにファイルを圧縮したいときの設定例

バッチに登録すれば、複数ファイルを一度に処理できます。

400dpi グレースケールで取り込んだ144Mbyteのファイルが、14.2Mbyteまで圧縮できました。

ついでに画像の傾きも改善されていい感じです。

Adobe Acrobat 7にて

f:id:evaco:20210824073818p:plain
設定画面

Before

f:id:evaco:20210824074349p:plain
Before

After

f:id:evaco:20210824074259p:plain
After

靴を作る(紙)

ずっと前から、革靴が作れたらよいなと思っています。 しかし、本格的な革靴は手間がかかります。別に靴職人になりたいわけではありません。

できれば、作り方を工夫して楽ちんにそれっぽい靴を作りたいと考えています。

そんな中で見つけたのがこちら。私の要望を満たしてくれそうです。

本には18種類の靴が載っており、それぞれに展開図がついています。 必要なパーツ数は5つ程度(インソール、アウトソール含む)と非常にシンプルです。

こういうのを生み出す人ってすごいですね。尊敬します。

とりあえず作ってみました。 f:id:evaco:20210731114403j:plain f:id:evaco:20210731114354j:plain

おお、それっぽい!

  • 革と紙の厚み・柔軟性には違いがある

  • 履くことを前提とした場合に一部不都合な構造(のりしろが足に当たる、アウトソールから浸水するなど)

  • アウトソールの素材の選定が必要

といったことから、一部構造は見直す必要がありますが、土台には十分なりそうです。

しばらく、革靴づくりを妄想することにします。

DPT-S1とRP1の使い分けを考える

Eインクデバイスでの読書、メモ取りで紆余曲折して早数年が経ちました。 現状は以下3台の体制です。ずいぶん入れ替えがありました。

在宅勤務で、メモや資料作りのラフ案を考えるのにはA4サイズは必須なのでSonyを使っています。

一方、持ち運びには小型のほうが良いので、7.8インチのLikeBook Musesを使っています。

DPT-S1、RP1は用途に応じて使い分けをしています。

  • DPT-S1:手書きノートとして。ノートPCの手前に横向きで。
  • DPT-RP1:資料閲覧(USBメモリの利用がNGのPCでもデータを転送可能)

本当は新しい機種のDPT-RP1で全部まかないたいのですが、ノート機能にいろいろ不満があり、分けるのが良いのかなというのが現状の考えです。

f:id:evaco:20210731113040j:plain

クアデルの最新型も欲しいなと思いつつ、これ以上増やしてどうするんだと思いつつ。

将棋の初段免状が届いた

注文して1か月ほどでやってきました。 桐の箱が威厳を醸し出しています。

部屋に飾るのはあきらめました。 サイズが大きく、形も特殊なので専用の額を買う必要があります。 (720mm x 320mm)

スキャナで取り込めるサイズでもないので、写真で撮って加工して、縮小してフォトフレームに入れて飾ることにしました。 これを見ながら、テレワークを頑張っています。 f:id:evaco:20210619180659j:plain f:id:evaco:20210619180627p:plain f:id:evaco:20210619180631j:plain